私たちの活動について説明させていただきます。最初は少しばかり硬いお話になりますが、お付き合いください。

私たちの正式名称はトップページにもありますが「一般社団法人 全国米麦改良協会:ぜんこくべいばくかいりょうきょうかい」で、その主たる活動拠点は東京都千代田区にあります。

その活動内容もプロフィールとして紹介させていただいていますが、これは協会の「定款:ていかん(会社・公益法人・協同組合等の社団法人、および財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則)」の第4条に記されたものです。

(1)米麦の優良品種の普及、種子更新等の推進
(2)米麦の栽培技術、乾燥調製等の研修       等々。

yumechikara(ゆめちから北海道)硬い文言が並んでいますが、一言でひらたく云えば「安心できる品質の米と麦を皆さまに安定してお届けする」ということです。「お米」も私たちの事業活動に含まれますが、本ブログは「麦」、それも「国産麦」についての事をお伝えするものです。画像は国産小麦の「ゆめちから」という品種です。

良い「国産小麦」を品種開発できたとしても、それが「皆さまに喜ばれる美味しいもの」にならなければ活動の価値がありません。それが「皆さまに食べていただくためのお店や、ご家庭に届く」ことがなければ、即ち、普及することがなければ活動の意味がありません。

つまり、私たちの事業活動とは「生産から消費者の皆さまへお届けする」までの全ての領域に関わっています。そして、それが円滑に進まなければ事業としては成り立たないのです。一般的な言葉でいえば、マーケティング活動です。

皆さまに、食の「安全・安心」をお届けし、同時に、日本の食文化を守ることが、我々の活動目的です。

> 「日本の麦の底力」ブログトップ