筑前プロジェクト「ここでしか食べられない肉まんを作りたい」

ある一人の料理人の言葉から、このプロジェクトは生まれました。

その言葉に込められた思いに共感した有志たちが集まり、そして「筑前麦プロジェクト」が立ち上がりました。舞台となったのは「九州筑前あさくら」の大地。生産者、流通関係者、製粉メーカー、そして料理人たちがそれぞれの立場で、自分たちの店のため、自分たちの「それぞれ夢の実現」に向けて、挑戦を続けています。生産者が小麦を作ることに喜びを感じた時には、料理人も同じ喜びを感じる。そんな「夢」です。

地元で生産したものを、地元の人が地元で料理し、地元の人が喜びをもって味わってくれる。この、小麦と共に循環する「喜び」が筑前麦プロジェクトの原動力なのです。

現在、薄力粉「筑前麦太郎」と強力粉「筑前麦夏ちゃん」の二種類の小麦粉と、その小麦粉100%で作った「麦夏ちゃん素麺」を販売し、同時に、メンバー各店で、「筑前麦太郎」「筑前麦夏ちゃん」への原料切り替えが随時行われています。

冒頭に掲げた言葉の主は地元の中華料理店「永徳酒家」ご主人の日永田さん。その自慢は、手づくり肉まん「麦と黒豚」。個性の強い黒豚を引き立てる、コシの強さともちもち食感を両立させた肉まんの皮が最大の特徴、人気の秘密です。

地元の「パティスリーハル」というパン・ケーキのお店では、「せっかく筑前町で店を構えているのだから」と、筑前麦太郎を使おうと決めたといいます。店長の田村さんはこの小麦の特性に注目。モチモチと弾力がある特性を生かせる商品に取り入れ、そのこだわりは純正ロールケーキを食べればわかるそうです。

「自分だけのためじゃなく、みんなのために、筑前町のために何かをしたい」。そういう思いを持つ人を一人でもこの町に生み出し、そして、その思いを次の世代へとつなげ、いつまでも人が集まる筑前町にすること。これが「筑前麦プロジェクト」の使命です。

http://mugi-pro.jp/

> 「日本の麦の底力」ブログトップ